事業融資を利用する上で返済シミュレーションは必須

企業または個人事業主が事業を行うために必要な資金を借りる事業融資では、基本的にカードローンを利用することはできません。カードローンの多くは事業性資金としての使用を除くといった利用条件を設定していて、個人的に使用することが前提です。生活費、趣味のお金や欲しいものを買うお金として使うために借りるものであり、事業で使うお金を借りるものではないというのが基本です。 そのため、必然的に銀行融資または事業性資金としての使用が可能なカードローンを選択することになります。利用可能な条件さえ満たしていればそれほど難易度は高くありませんが、返済の見込みは結果を大きく左右するため、必ず確実な返済シミュレーションを行って提示することが必要です。

融資審査を攻略するポイントを把握する

事業融資契約を結ぶためには、当然ながら審査をクリアしなければいけません。たとえば、一般的に利用されるカードローン審査であれば、「年収が一定以上ある」「収入が安定している」といったごく基本的な要素を満たしてさえいれば契約できる可能性が高いです。 しかし、事業性資金として使うお金を借りる場合には、それ以外にもさまざまな要素が関係してきます。 上述してある返済シミュレーションもその一つですが、事業性資金の場合は用途も大切です。たとえば、「経営難で運転資金として使用するお金を借りたい」という状況と、「ニーズに応えるための事業拡大資金」ではまったく意味が違います。当然、前者の方が借りられる期待度が下がり、後者の方が期待度が上がることは一目瞭然です。

最も重要なことは信用されること

事業融資を受けるために受ける審査では、返済できる可能性が高いと評価された方が良い結果が期待できます。そのため、確実に返済可能であるということを証明する目的で提出する返済シミュレーションが非常に重要になるわけです。ただ、何も返済シミュレーション自体が価値を持っているというわけではありません。 重要なことは、返済する能力があるという状況を証明することです。たとえば、年商10億円ある企業が100万円の融資を希望した場合、難無く返済できるであろうことは簡単に予想できます。しかし、年商300万円の企業が100万円の融資を希望した場合には、その難易度が高いことが予測できます。要は、「返してもらえるかどうかが不安」と思われてしまえば難易度が上がるため、これを回避することが大切です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加