低金利で事業融資を受けられる不動産担保ローンの特徴と活用法

民間の金融機関から事業資金の融資を受ける時には無担保ローンを利用する方法もありますが、担保を差し入れる場合と違って金利は高めで、返済が滞れば一括返済しなければならないというリスクがあります。もしも、土地や建物を所有しているなら不動産を担保にして融資を受けるのも1つの方法です。 事業融資に不動産担保ローンを活用した時のメリットは、無担保ローンに比べて金利を低く抑えることができること、返済期間を比較的長く設定できることにあります。金利が低く返済期間が長ければ月々の返済の負担を軽くすることができますし、大口の資金を調達することも可能です。ただし、返済ができなくなれば不動産を失うことになりますので、しっかりとした返済計画を立てて利用することが大切です。

赤字でも事業融資を受けられる不動産担保ローン

事業のための資金調達として不動産担保ローンを利用する場合、法人が所有する不動産を担保にしなければならないと思われがちですが、個人が所有する不動産でも担保にすることができます。例えば会社所有の土地や建物がなくても、経営者が所有する自宅を担保に融資を受けることが可能です。 無担保ローンの場合は、経営実績などが審査基準となりますが、決算書が赤字だと審査に通らず融資を受けられないことがあります。しかし、不動産を担保にすれば資金調達できる可能性が高くなります。中小企業の場合は不動産を所有していないことも多いでしょうが、経営者が不動産を所有していればそれを担保にして資金調達すれば会社の危機を乗り越えることもできるでしょう。また、資金使途に制限がありません。納税資金が不足している時などにも利用することができます。

事業融資を受けるための不動産担保ローン申込みの心構え

不動産を担保にするからといって必ずしも融資を受けられるとは限りません。融資の審査では不動産の担保価値、会社の実績や将来性、経営者の信用と貸し倒れなど金融機関のリスクが考慮されるからです。担保価値が低ければ融資額が抑えられたり、会社の将来性がなく融資しても回収の見込みがないと判断されれば融資を受けることができません。 ただし、金融機関あるいは担当者によって判断は異なりますし、銀行とノンバンクでも判断基準は異なります。金利は銀行よりも不利なケースがほとんどですが、ノンバンクの方が審査が甘く融資実行までの期間も短いケースが多いようです。 融資とは担保があってもなくても信用が第一です。不動産を担保にしたからといって甘く考えずに会社の信用をプレゼンテーションするつもりで申し込むことが大切です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加